リンデマンス

当社の歴史

古くからリンデマンス家は農場を所有していました。

冬の間小作人達に仕事を与え、やる気を失わせないように始めたのが醸造でした。時と共に醸造業が成功して発展し、それに伴って農業が縮小していきました。

ダーウィンが言ったように、機能が器官を作り出すのです。

今、私達は再び醸造所を拡大しており、今の境界を超えて私達のビールをお届けできることを目指しています。

画一的に製造される製品が多いこの世界において、ユニークな特徴を持った当社のビールは実に貴重なものだという自信があるのです。

6世代にわたるランビックの醸造の歴史

Hof ter Kwade Wegen」。不吉とも思えるこの地名の文字通りの意味は、「悪い道の農場」です。


それでもこの古いブレゼンベークの農場には、1822年からの醸造の歴史が鮮やかに綴られています。

それは、ヨース・フランス・リンデマンスが、マリア・アナ・ファン・ドルセラールと農場主のぺトルス・ヤコブズ・ファンデルスミッセンの娘で引く手あまたでもあったフランソワーズ・ヨシーネ・ファンデルスミッセンと将来を誓い合った年でした。

ヨース・フランスは農場での生活を愛する一方で、別の何かを成し遂げたいとも思っていました。昼間の耕作作業で痛む手で、彼は夜になるとランビックの醸造を行いました。冬の間、75ヘクタールの農地や牧草地には多数の農場作業員に行き渡るほどの仕事がありませんでした。このため、作業員の多くが一緒に醸造作業を行うようになりました。趣味として始めたことが瞬く間に農場のメイン事業になったのには、こういう背景がありました。

1822年以来、「Hof ter Kwade Wegen」では6世代にわたるパイオニア達が、最初は農場主兼醸造者として、1950年代後半からは専業醸造者として成功を遂げてきました。リンデマンス家6世代の事業経営のもと、本醸造所は地域でも世界でもトップクラスのランビック製造者となりました。これが私達の歴史です。

1代目

Joos Frans Lindemans (1792-1865) Françoise Josine Vandersmissen (1796-1868)

1822

ヨース・フランスは醸造者の娘であるフランソワーズ―ヨシーネ・ファン・ダー・スミッソンと結婚しました。彼らは「Hof ter Kwade Wegen」に居を構えました。最初の1年で360樽(500ヘクトリットル相当)のビールを醸造しました。醸造所にはタンクが2つ、混合トレイが1つ、冷却トレイが2つ装備されていました。

ヨース・フランスとフランソワーズ―ヨシーネは11人の子供がいましたが、3人は幼少期に亡くなり、2人は神父になり、3人は未婚でした。

1832

会社についてこのような記録が残っています。400ヘクトリットルと20リットル、21ヘクトリットルと40リットルの煮沸タンクが2つ、25ヘクトリットルと21ヘクトリットルのタンクが2つ、および2つの冷却トレイが良い状態で装備されている。醸造所では20~30種の醸造を行っている。」

1840

農業と醸造を営む一方で、ヨース・フランスはブレゼンベークの市長にもなりました。

2代目

Joos Frans “Duc” Lindemans (1826-1901) Sophie Borremans (1832-1882)

1865

公爵ヨース・フランスが一族の農場を引き継ぎました。

1869

公爵は農家と古い醸造所を所有しており、これは現在も残っています。当時の農場には、75ヘクタール以上に及ぶ農地と牧草地がありました。農場での作業が少ない冬の間、農場作業員や農家の女性たちは醸造所で働くことができました。醸造所ではランビックとファロが製造されていました。フルーツビールはまだ一般的ではありませんでした。

3代目

Theofiel Martin Lindemans (1870-1955) Victorine de Gens (1868-1925)

1901

9人の子供のうち最年少のテオフィールが、農場・醸造所の経営者として父の後を継ぎました。

1920

醸造所が発展するにつれ、徐々に農業が縮小していきました。

4代目

Emiel Jozef Lindemans (1901-1956) Alice de Voghel (1902-1999)

1930

テオフィールは、4人の子供の1人であるエミールに家業を託しました。

1940 - 1945

戦時中の醸造所では、1か月に1度だけの醸造でビールを製造していました。

5代目

レネ・リンデマンスとネスタ―・リンデマンス兄弟

René Lindemans (° 1939) Nicole Genbrugge (°1943)

Nestor Lindemans (1941-2008) Marie-Jeanne Herckens (°1940)

1956

エミール―ヨーゼフ・リンデマンスが亡くなり、農場経営(30ヘクタール)も終わりを迎えました。レネとネスタ―が学業を終えるまでの間、トリフォン・アンツーンスという名の醸造者が雇われました。

1961

兄弟が昔ながらの方法で(オーク樽で熟成、ボトルで2次発酵)最初のクリークを醸造しました。1973年まで、醸造所ではスハールベークというサワーチェリーを使用することになります。この種のチェリーが希少となってしまい、スカンジナビアのサワーチェリーに切り替えます。

1970

フランスへの輸出を開始し、飲料の卸売販売を開始しました。

1978

リンデマンス兄弟が、チェリーの果肉と果汁から低温殺菌クリークの製造を始めました。

1980

リンデマンス兄弟は、樽のクリークを売り出しました。

輸出市場が拡大し、製品の70%は海外に輸出されました。4つの主な輸出先は、アメリカ、フランス、スイス、ドイツです。

1992

新しい醸造所が建設されました。この時の醸造所では、ランビックの発酵と熟成に容量600リットルの樽1,200個が使われました。

1994

醸造事業の拡大とそれに伴った貯蔵スペースの不足により、飲料の販売を終了することとなりました。

1996

ベルギーで首位の小売店、Delhaizeと契約を交わしました。

6代目

従弟のダーク・リンデマンスとグリート・リンデマンス

Dirk Lindemans (°1968) Nadia Delens (°1969)

Geert Lindemans (°1968) Valérie Lemlijn (°1970)

2006

従弟同士のダークとグリート(6代目)が、醸造所の日常管理を引き継ぎました。伝統を守りながらも将来へ向けた堅実なビジョンを掲げ、二人は醸造所を成長させていきます。彼らは醸造所独自のノウハウに基づく本来の質と味を守ります。

2006

中国への輸出を開始しました。

2013

醸造所拡張工事が始まりました。国内と並んで特に高まる国外からの需要に対応できるよう、ランビックを熟成させる貯蔵スペースを2倍にすることが目的です。数年をかけて行われてきた発酵・熟成スペースの拡大は、間もなく完了します。